みちしるべ2

田舎でゲストハウスを開業!元トヨタ期間工から世界一周、起業へ・・・

やっぱり悪路だった!ミャワディへの道~さようなら、ミャンマー

     東南アジア編

ミャンマーの旅も終了

さて、ミャンマーの旅もこれで終わり。再びタイはバンコクへ戻ります。バンコクへは来た道を逆に辿る形になる。再び悪路と言われるミャワディへの道を走らなければならない。アジアハイウェーの整備も進み、どうも一日おきに片側一方通行が入れ替わる事はなくなったみたいだったが・・・ 確信は持てなかった。ひょっとしたらヤンゴンで足止めかな?と思っていた。

バスのチケットは宿の隣にある旅行会社で手配する事にした。ひょっとしたらミャワディまでの直行便もあるかもしれない。少し期待しながら旅行会社を訪ねるが・・・やはり、なかった。ミャワディへはヤンゴンでバスを乗り換える必要があるみたいだ。

バガン-ヤンゴン-ミャワディのバスチケット

旅行会社での最初の説明では、朝にバガンを出て、夕方にはヤンゴンに着く。ヤンゴンから夜行バスで国境の町ミャワディまで行けるとの事だった。バガンを出て次の日の朝には国境を越えタイに戻れる。

しかし、いざバス会社に確認を取ってみると、ヤンゴンからミャワディへのその日(2015/06/05)の夜行バスのチケットは無いとの事だった。売り切れ? それともやっぱり一日おきに片側一方通行が入れ替わっているのだろうか? 来る時は運よく「通れる日」だったのだろうか?

バガンからミャワディへの移動

さて、選択枠は二つだ。バガンの滞在を一日伸ばして次の日の朝の便でヤンゴンへ行くか、バガンを夜行便で出て次の日のヤンゴンで夕方まで時間を潰すかだ。ヤンゴンは都会だし、まあ、ぶらぶら散策でもしてたら時間も潰せるだろうと思い、バガンを夜行便で出る事にした。しかし・・・ 後悔する事になる。

トラックの荷台に乗り込む

夕方5時半にピックアップのトラックが来る。荷台に乗りバスターミナルへひた走る。ニューバガンの町を出ると思わず「しまった!」と心の中で叫んでしまった。そこには地平線の遥か彼方まで多くのパゴタが点在する平原が広がっていた。遮る物は何もなく地平線の先まで見渡す事ができた。まさに絶景でした。

バスターミナルからニューバガンまで

バスターミナルからの道は一度、通っていた。しかし、夜明け前の真っ暗な道だった。景色など何も見えずバガンの入域料20ドルを払った道。こんな絶景を見る事が出来るとは夢にも思いませんでした。トラックの荷台なのでゆれにゆれ、写真を撮ることが出来なかった。朝日はこちらから鑑賞すればよかったな~と後悔するのでした。(続きは次のページ)

 - 東南アジア編

           
Translate »