みちしるべ2

ゲストハウス開業へむけて準備中!職業は旅人の旅ブログ

バラナシの不思議なレストラン「ゾーイカフェ」

     南西アジア編

インドでは食事に困る。だが、バラナシではその心配はなかった。バラナシの宿「シン ゲストハウス」には一階にレストランがあり、美味しいオムライスを食べることが出来た。他にもバラナシには日本食のレストランは複数あり、インドの食事に飽きたら日本食も頂くことが出来る。

早速、イシイさん(ブッタガヤで出会った日本人)と一緒に和食レストランの「イーバカフェ」に行ってみる事にした。お互い、日本食に飢えていた。しかし、ここはかなりの高額でした。メニューはどれも300ルピー前後はする。とても出せる金額ではなかった。そそくさと退散し、ゲストハウスのオムライスを食べる。美味しいオムライスは60ルピーだった。(どうも日本食はメグカフェって所が安かったみたい)

オムライスばかりも飽きるのでバラナシでも「食える食堂」を探索する。ゲストハウスから少し行った所に気になるレストラン「ゾーイカフェ」を見つけた。なぜ、気にかかったのかと言うと・・・

バラナシのゾーイカフェ

看板に日本語があったからだ。きっと経営者が日本人か何かで、美味しい日本食が食えるかもしれない。早速、中に入ってみた。

中には「地球の歩き方」と日本語の本が数冊、店のカウンターに置いてあった。やっぱり日本人が経営している店だ(たぶん)! 店内はとてもキレイで清潔だった。メニューを開くとズラリといろんな国の料理の名前が並ぶ。実に全部で300以上! 何なんだ、このメニューの多さは! そこには日本食のメニューもあった。そして値段が衝撃的な安さだった。なぜか、日本食が一番安い。

ゾーイカフェのメニュー

「Egg Ramen(エッグ・ラーメン)」を注文してみた。インドでラーメンが食えるとは。待つこと20分あまり。出てきたのが・・・

ゾーイカフェのEgg Ramen

正真正銘のラーメンだった。さて、どんな味か? スープをすすってみると、しっかりカレー味のスープでした(笑)。日清カップヌードルのカレー味を薄めた感じのスープだ。しかし、味はしっかりしていて、これはこれで美味しかった。

ゲストハウスに戻り、イシイさんに「ゾーイカフェ」の話をすると思いのほか興味を示した。「インドのラーメン、食ってみたい!」かなり日本の味に飢えていたようだ。明日のお昼に一緒に「ゾーイカフェ」へ行く事となった。

イシイさんは午前中はバラナシのマザーハウスでボランティアをしていた。僕は部屋でゴロゴロ。お昼にゲストハウスの2階のテラスで待ち合わせ。いざ、「ゾーイカフェ」へ。

ゾーイカフェの地図

今回は僕は「Veg. Burger(ベジバーガー)」を注文した。そして、イシイさんは「Tenpura tesku(天ぷら定食)」が気になるらしい。その下には「Aganasu Tesku(揚げナス?定食)」とある。「これって『天ぷら定食』だよね? いったいどんなのが出てくるのだろう?」注文してみるようだ。ところが店の店員が言うには「今日は日本料理のシェフが休みで『Tenpura tesku』は作れない」との事。「明日ならできる!」と言うので、また明日来る事にして、仕方なく「Veg. Ramen(野菜ラーメン)」を注文する。

待つこと20分あまり。「Veg. Ramen」が出てきた。イシイさんがラーメンをすする。「う~ん(笑)。確かにカップムードルのカレー味を薄めたようなカレー味だ! でも、これはこれでイケルよ!」どうやら、久しぶりに食べるラーメンにご満悦の様子だ。

ゾーイカフェのVeg. Burger

僕の「Veg. Burger」もまずまずの味でした。

さて、次の日である。あとは「Tenpura tesku」を食べるだけだ。昨日、店員が「明日ならできる!」と得意げに言い放った。きっと今日は食べられるに違いない。いざ、「ゾーイカフェ」へ。

店に入る。店員はまた日本人が来たって顔をした。何か嫌な予感がしたが「Tenpura tesku」と注文する。すると、しばらくして「やっぱり出来ない。他のにしてくれ!」と言ってきた。「『Aganasu Tesku』は?」「それも出来ない!(店員)」「じゃあ、『Oya Kodom(親子丼)』は?」「う~ん、分かった。イッツ、ファースト、タイム!(店員)」

え、今「イッツ、ファースト、タイム」と言ったあ? どうやら開店以来始めての「親子丼」の注文だったみたいです。これにはさすがに二人して苦笑い。いったいどんなのが出てくるのか? 待つ・・・

すると店員がスマホを持ってやって来た。スマホの画面を見せて「親子丼はこれで間違いないか!?」と聞いてきた。どうやらネットで親子丼のレシピを調べて来たようだった。こ、これは・・・ ある意味、期待できる! 絶対、まともな親子丼は出てこない! インド人が作る親子丼はどんなものか? 断然、興味が沸いてきた。ドキドキすること・・・

20分・・・いや、30分は待ったか。出てきた親子丼は・・・

ゾーイカフェの親子丼?

これ! スマホのレシピの写真と全然違う! まったく意味不明。とりあえず食べてみると薄~い塩味のご飯だった。マズイ、これのどこが親子丼なのか?

しばらくして店員が「日本のものとセイム(同じ)か?」と聞いて来た。ここは、イシイさんと口を揃えて「まったく違う。これは親子丼ではない!」と言うと、がっくりと肩を落として、あからさまに残念そうな顔をした。かなり自信があったようだ。

何とか腹に詰めこむ。イシイさんはケチャップをたっぷりかけて食べていた。「これだと何とか、イケル!」もはや親子丼でも何でもなかった。食べ終え、渡されたレシートを見てみるとそこには「Okayou」と書かれてあった。なるほど、今、食べたのは「お粥」だったのか! 注文の段階ですでに間違えていたようだ。さすがはインド人、斜め上を行ってる!

不思議はレストラン「ゾーイカフェ」

でも、ラーメンは美味しい「ゾーイカフェ」でした(笑)。

世界一周 128日目【7/13】(インド・バラナシ)
朝食(ホテル、後払い)
ゾーイカフェ(Egeらーめん) 65ルピー
コーラ 20ルピー
その他 75ルピー
—————————————–
     合計160ルピー(≒320円)

世界一周 129日目【7/14】(インド・バラナシ)
列車チケット(-ゴーラクプル) 800ルピー
昼食(ホテル、後払い)
ゾーイカフェ(ベジバーガー) 50ルピー
その他 110ルピー
—————————————–
     合計960ルピー(≒1,900円)

世界一周 130日目【7/15】(インド・バラナシ)
ゾーイカフェ(ミックスらーめん) 85ルピー
コーラ 20ルピー
その他 75ルピー
—————————————–
     合計180ルピー(≒360円)

世界一周 131日目【7/16】(インド・バラナシ-ゴーラクプル)
ゾーイカフェ(お粥) 50ルピー
コーラ 20ルピー
リクシャ 100ルピー
チャイ 10ルピー
夕食(チキンカリー) 180ルピー
シン ゲストハウス(6泊半分+食事代) 2980ルピー
その他 95ルピー
—————————————–
     合計3,435ルピー(≒6,900円)

 - 南西アジア編

           
Translate »