みちしるべ2

田舎でゲストハウスを開業!元トヨタ期間工から世界一周、起業へ・・・

アユタヤをぶらぶら散策

     東南アジア編

ワット・マバタート ワット・マバタート

遺跡には、近くに寄れるし触れます。野ざらし感も強く「世界遺産だよ。ちゃんと保存しようよ!」と思っちゃいますが、お陰でテーマパークみたいな感じにはならず、いい感じに廃墟感が漂っています。

木に抱きかかえられた仏像の頭部

神秘感も漂います。木に抱きかかえられた仏像の頭部。さすがにここは有名なので周りに観光客が群がっていますが、アユタヤは広い範囲に遺跡が分散しているので、人もバラけて、観光客だらけって感じにはなりません。ゆったり遺跡を見て巡れます。

ワット・ラーチャグラナ

隣のワット・ラーチャグラナへ。入口が分からず中には入れませんでした。中には人の姿もなかったし、入れないのかな?

ワット・ラーチャグラナの番犬たち
遺跡には番犬がいました(笑)。自由に入れていいですね。

プララーム池の公園 プララーム池の公園

ワット・マバタートの横にはプララーム池のある広い公園がある。公園の中には小さなワットが点在しています。ほとんど野ざらしです。ミニバガンみたいな感じかな?

ワット・プラームの塔

公園を抜けるとワット・プラームの塔が見えました。ワット・プラームの中に入るのは後回しにして、次は古代王宮を目指します。道に戻ると・・・

アユタヤの象

ウィハーン・プラ・モンコン・ボピットの前の通りを象がのっしのっしと歩いていました。歩道にはでっかいウ○コが。この辺りからが古代王宮の敷地内になるのだけど・・・

アユタヤの象

象が気になったのでついて行くことにした。なぜ、気になったのかと言うと、後ろ足が3本に見える。こ・れ・は、中央のモノはペ○スではなかろうか? 近くで確認したかった。デカ過ぎるだろーー!

アユタヤ・エレファント・キャンプ

象のあとをついて行くと象のターミナルがありました。予想以上の頭数に驚きです。ただ単に人を乗せるだけじゃなく曲芸も披露していました。象さん、賢いです。

 - 東南アジア編

           
Translate »