みちしるべ2

田舎でゲストハウスを開業!元トヨタ期間工から世界一周、起業へ・・・

バンコクでミャンマーのビザ申請

     東南アジア編

BANGKOK FASHION OUTLET

タイはバンコクにやってきた! バンコクの次はマレー半島を南下してマレーシア、シンガポールと巡り、再びバンコクへは戻って来る予定である。最初のバンコクは4泊5日の滞在です。そして、ここタイは旅の最初のチェックポイントでもある。ここまではノービザで旅する事が出来たが、これから先、西へ向うにはビザが必要となるだからだ。

まずは、ミャンマーのビザを取るべくミャンマー大使館へ向います。バンコクの宿「オールドタウン ホステル」は名前にあるが如く旧市街らしき場所にあった。少しのんびりした感じかな。40分ぐらい歩くと各国の大使館が点在するサトーン地区へ。ミャンマー大使館もそこにある。

ミャンマービザセンター

ミャンマー大使館ビザセンター。ビザの申請は午前9~12時までの午前中のみ。

ビザセンターの中に入ると入口でビザの申請書をくれます。ミャンマービザの申請にはパスポートの他にビザ申請書と顔写真が2枚、パスポートのコピーが必要です。顔写真2枚は以前にパスポート用の証明写真をコピーした物を提出します。パスポートのコピーも持っていたが、これはこれで必要なので3バーツ払って新しくコピーをしてもらいました。ビザセンターの中で顔写真もパスポートも有料でコピーしてもらえます。よってパスポートをさえ持って行けば申請は可能です。

申請書にはミャンマーでの滞在先住所など記入する欄があるが、日にちもホテルも決まってないので適当に記入して分からないところは空欄で提出した。ちゃんと受理してもらえるか心配だったが、チャッチャと見ただけでビザの引換え証をくれました。案外、適当だなあ。

ビザの引換え証

ビザの引換え証。ビザ料金は翌日発給で1,035バーツ(約3,700円)。

翌日、パスポートを受け取りに行く。受け取りは午後3時半から4時半までと1時間しかない。なので当然、長い行列に並ばなければなりません。受付窓口も決まっていて僕は2番の窓口。ここが一番、長い列が出来ていました。1,3番の窓口が空いても受け付けてくれません。効率が悪く、受け取りには50分ほど掛かりました。

ミャンマービザ

ミャンマーのビザを取得。ビザはビザ欄にスタンプを押しただけの簡単なものでした。これなら即日発給しても良いんじゃねーか!

バンコクの丸亀製麺 丸亀製麺のトンカツ定食

帰りに待望の日本食! ベトナムでは入れなかった丸亀製麺でトンカツ定食を食べる。しかし、味もはイマイチだった。バンコクには日本食のレストランが溢れています。値段はやっぱり少し高めです。

海外に来て日本食?と思う方もいるかと思いますが、2ヵ月近く海外を旅すると分かります。いくらタイ料理が旨くても、日本人の舌に合うのはやはり日本食なのです。日本昔話に出てくるような茶碗に大盛りの白米が食いたいです。

世界一周 53日目【4/29】(タイ・バンコク)
ミャンマービザ申請 1035バーツ
パスポートコピー 3バーツ
昼食 90バーツ
その他 84バーツ
—————————————–
     合計1,212バーツ(≒4,400円)

世界一周 54日目【4/30】(タイ・バンコク)
朝食 60バーツ
トンカツ定食(丸亀製麺) 159バーツ
コインランドリー 50バーツ
その他 102バーツ
—————————————–
     合計371バーツ(≒1,300円)

 - 東南アジア編

           
Translate »