みちしるべ2

ゲストハウス開業へむけて準備中!職業は旅人の旅ブログ

まさかの腱鞘炎で戦線離脱

     期間工の愚痴

最悪の一週間でした。
連休明けの初日、右腕に違和感が・・・

久しぶりの仕事で、筋肉痛にでもなったのかと思っていたのだが・・・ だんだんと痛みが増していき、次の日にはワークをつかむだけで激痛が走るようになった。腕も腫れている。これは、筋肉痛などではないぞ!

でも、2日間は頑張った!
3日目の水曜日、車のハンドルを握っただけで、痛みが走る、腫れも引いていない。どうも、仕事は出来そうにない。とりあえず、会社の診療所で見てもらう事にした。労働災害が疑われる場合は、勝手に病院に行ったら怒られる。
まず、診療所で診てもらい、病状によっては外部の病院で診てもらいます。その時も、GLが同伴しないといけません。結構、面倒なんだな~これが。

会社の診療所の医者の言うには、「とりあえず、シップを貼って様子をみてみよう。」との事。どうも、頼りにならん! どこかに、ぶつけたわけでもなく、急に痛くなった。・・・ とても、不安です。診療所で30分。その日は、とりあえずシップを貼って仕事を開始。
そして、・・・ 3時間ほどでついにダウン。戦線離脱です。
とりあえず、ラインから外れて休憩所などの掃除をすることになりました。


次の日も、腕の腫れが引かず、仕事もできそうにない。有休も残っていたので、電話して休むことにした。病院でもチャンと診てもらおう。電話すると、病院に行くなら同伴しないといけないので、とりあえず出勤してくれとの事。
休む気、満々だったのに! 渋々、出勤。GL同伴で、整形外科に行くことになった。

「親指の腱鞘炎ですね。」

病院で診てもらったら、腱鞘炎だった。
腱鞘炎って、指を酷使するとなるイメージがあったので意外でした。医者の言うには、主婦でも家事などでなる場合があるのだとか。軽い作業でもなる時はなるとの事。

「親指を動かすと、ゴリゴリするでしょ?」

おお!その通り。さすが医者。腱鞘炎の典型的な症状らしい。

「シップを貼って様子をみますか? それとも注射する?」

注射かぁ。注射って一時的なものなのか? 痛み止めみたいなものなのだろう。本当は痛いはずなのに、痛みを感じなくなる。ドーピングみたいなイメージがあるので、注射は怖い。ビビリな僕は、シップで様子をみる事にしました。これで、病名もはっきりしたので一安心です。

でも、出勤してしまった。この日も一日、掃除するハメになる。・・・ 一日が長い。
なんだか、労働災害の絡みがあるので、なるべく有休を使わず出勤してくれとの事。という事は明日も出勤か?

そして、週最終日。労働災害が適用されるのか?ヒヤリングを受けました。切創や打撲などと違い、腱鞘炎みたいな疾病は日常でもなりうる事なので、仕事のよって出た症状なのか調査される。
そんで、自分のやっている工程では「腱鞘炎にはならないだろう」と言われた。仕事を始めて10ヶ月、今までなんともなかった事と、過去、同じ工程で腱鞘炎になった事例がないとの事でした。

結局、労災は適用されず、実費負担となった。
なんか、納得いかねぇ。原因は仕事じゃなくても、仕事することで悪化したのだから、労災で処理してくれてもいいんじゃないか?!

診療費は2,160円。これで、終わればいいのですが・・・
もう一つ心配なのが、腱鞘炎って癖にならないのだろうか? 一度、なると何度もなるって事ないですよね。

あ!明日は再契約の面接だった。

 - 期間工の愚痴

           
Translate »