みちしるべ2

田舎でゲストハウスを開業!元トヨタ期間工から世界一周、起業へ・・・

四国遍路 30日目 第52番札所太山寺(たいさんじ)、第53番札所円明寺(えんみょうじ)、コスタブランカ

     愛媛編

30日目は道後温泉近くのビジネスホテルさくらからスタート。第52番札所太山寺(たいさんじ)と第53番札所円明寺(えんみょうじ)を納めます。

蓮華寺の山門 松山市マンホール

道後温泉を後にして、太山寺を目指しスタート。松山の街中はさけて番外霊場の蓮華寺前を通るコースを選択。歩くこと2時間、太山寺に到着しました。雨は降っても小降り。道は平坦で歩きやすい道中でした。

52番札所太山寺の二ノ門 52番札所太山寺の三ノ門 52番札所太山寺の境内 52番札所太山寺の大師堂

ここは山門が三つ有り広い境内のお寺です。納経所は二の門を入ってすぐ右にあり、本堂はさらに先にあります。かなり歩かされて本堂に到着。参拝を済ませて境内を写真に撮っていると、おばちゃんに声を掛けられた。

52番札所太山寺奥の院 52番札所太山寺の鐘楼

「あそこに赤い鳥居みたいのが見えるだろう。」
「あれですか。」鐘楼を背にして遠くを見ると赤い鳥居みたいな物が見えた。
「そう、その前に建ってるのが、ここのご本尊の十一面観音像だよ。あそこがここの奥の院になるんだ。」
「へぇ、でも遠そうですね。」
「若い方なら20分ほどで行けると思うよ。」
往復で40分か? ちょっとキツイな。そもそも行く予定もなかったにで次に進む事にした。本堂を後にし納経所へと歩く。おばちゃんも一緒に歩いてきた。「ここは古いお寺でいろんな伝説が残っててね。」とねじれ竹の伝説を教えてもらった。納経所の前でおばちゃんと別れて中に入る。本堂が離れているせいか?そこには監視カメラの映像が写されていた。ハイテクである。ご朱印をもらい次へと向う。(続きは次のページ)

 - 愛媛編

           
Translate »