みちしるべ2

田舎でゲストハウスを開業!元トヨタ期間工から世界一周、起業へ・・・

カンボジア国境越え(サイゴン→プノンペン)

     東南アジア編

次は4カ国目のカンボジアです。カンボジアと言ったら世界遺産アンコールワットです。アンコールワットの観光の拠点となるシェムリアップまではサイゴンからバスで12時間以上かかる。カンボジアはアンコールワット以外にこれと言って見たい場所がない。一気にシェムリアップまで移動だーー、と考えたが・・・

カンボジアへはバスで国境を越えます。ベトナムのツアーバスで一番有名なのがシンカフェ(シンツーリスト)だが、他にも幾つもの会社がツアーバスを運行しています。僕がベトナム横断に利用したハンカフェのオープンバスもその一つです。

サイゴンの宿「フックカーン ホテル」には2件の旅行代理店のチラシが置いてあった。カンボジアにはシンカフェのツアーバスで移動しようと思っていたが、折角、チラシも置いてある事だし、このどちらかのバスで移動することにした。ホテルにチラシがあるって事はホテルのフロントで予約も出来るのだな!よし、このバスチケットを・・・

旅行代理店のある通り

しかし、ホテルでは予約が出来なかった。「直接、代理店で予約してください」との事。旅行代理店の場所を教えてもらうと、そこはホイアンからのオープンバスの着いた場所のすぐ近くだった。そこの通りには旅行代理店が固まっており多くのツアーバスの発着地点となっている。シンカフェもすぐ近くにあった。折角だからシンカフェも覗いてみよう。すると・・・

シンカフェのサイゴンオフィス

なんとも立派なオフィスだった。さすがは最大手! ハンカフェのオフィスとは雲泥の差だ。そして、気が変わった。やっぱ、最大手で安心できるし、シンカフェで移動しちゃおーー!!

さて、サイゴンからシェムリアップへは12時間以上かかる。だが、長時間のバス移動はもうコリゴリ。なので、シェムリアップへはカンボジアの首都プノンペンで一泊して目指す事にした。

プノンペン行きのバスのチケットを購入する。続いて、プノンペンからシェムリアップ行きを・・・ しかし、プノンペンからシェムリアップ行きのチケットはここでは買えないらしく「プノンペンのオフィスで買ってくれ!」との事でした。「プノンペンのオフィスはここだから・・・」と住所を書いた名詞をくれた。何でここでは買えんのじゃ?!

プノンペンのオフィスが書かれた名刺(裏)

プノンペンのオフィスはここだから・・・と、渡された名刺。

シンカフェのカンボジアツアーバスの料金表(2015年4月)

シンカフェのホームページには「PHNOM PENH-SIEM REAP」もあるのだが・・・

翌朝6時、シンカフェ前からバスはスタート。まずはカンボジア国境を目指します。シンカフェのツアーバスにはパックツアーの客も乗っており、ガイドさんの解説付きです。カンボジアについての豆知識を英語で解説してくれました。ほとんど聞き取れなかったけど・・・

カンボジア国境には9時ごろ着いた。まずはベトナム側のイミグレーションへ。バスの中でパスポートが集められ、まとめて出国審査をしてもらいます。審査はすぐに終わると聞いていたが・・・ 30分以上も待たされた。ガイドさん曰く「今日はベトナムのホリディで混雑していた。アイム、ソーリー!」だそうです。再び、バスに乗ってカンボジアのイミグレーションへ。

カンボジアビザの申請書

カンボジアに入るにはビザが必要です。国境でアライバルビザが取得できます。これもツアー会社が代行してビザ申請をします。自分でビザを申請すると顔写真が2枚必要だが、ツアー会社に頼むとなぜか必要ありません。ビザの申請は手数料と合わせて35US$払いました。欧米人の乗客が一人、自分でビザを申請していたが、なんか不備があったらしく申請できずにいた。結局、ツアー会社に頼んでいました。個人で申請したらダメで、ツアー会社だとヨシ!とは、どういう基準なんだ? カンボジアビザ!

ビザの発給が終わりパスポートを受け取ると、次はカンボジアの入国審査です。ここだけは自分でしなければなりません。両手の指紋を取られて審査は完了。カンボジア入国です。(続きは次のページ)

 - 東南アジア編

           
Translate »