みちしるべ2

ゲストハウス開業へむけて準備中!職業は旅人の旅ブログ

中山道リベンジ 4日目(前編) 小田井宿(おたいしゅく)~軽井沢宿(かるいざわしゅく)・・・

     中山道自転車の旅

中山道リベンジ 4日目

今日も天気が芳しくない。午後から雨の予報だ。そして、この旅最大の難所の碓氷峠が控えている。午前中には碓氷峠を越えておきたい。

佐久平駅 佐久マンホール
6時50分、リベンジ4日目は佐久平駅近くの東横インからスタート。

小田井宿

県道9号まで戻り県道を走る。小田井宿の手前で県道から離れ小田井宿(おたいしゅく)へ。


中山道小田井宿跡

しかし、どうも道を間違えてしまったようだ。宿場の入口の標柱にある「健康ウォーキング」案内につられて曲がってしまい、宿の中心を外してしまっていた。スタートで道を間違えるジンクス健在!

馬頭観音 高札場跡 中山道小田井宿跡入口
馬頭観音、高札場跡、中山道小田井宿跡入口。

しなの鉄道の地下道(西側) しなの鉄道の地下道(東側) 御代田町マンホール

小田井宿を抜けのどかな住宅街を走る。しなの鉄道の地下道をくぐり、さらに進むと国道18号に合流。

追分宿
国道を渡った先が追分宿(おいわけしゅく)の入口だ。

分去れ

追分宿の西のはずれ、分去れ(わかされ)。追分宿は中山道と北国街道の分岐点に位置する。

追分宿の入口 追分宿の町並 追分宿の町並2
追分宿の入口。静かな町並みに道路もきれいに整備されている。

追分宿高札場 堀辰雄文学記念館

復元された高札場と堀辰雄文学記念館。「堀辰雄・・・」なんか聞いた事ある名前だなぁと思ったら、ジブリの最新作「風立ちぬ」は、堀辰雄の同名の小説が元ネタだった。テレビで再三「風立ちぬ」特集やってたからな~。文学にウトイ、僕でも名前だけはなんとなく覚えていた。

本陣門の裏門
堀辰雄文学記念館には本陣門の裏門が立つ。

間の宿・借宿 軽井沢マンホール

この先、中山道は一旦国道18号に戻るが再び離れ、間の宿・借宿(かりやど)を抜けていく。借宿には連子格子の家が点在していた。そして、ついに軽井沢のマンホールが現る。日本有数の避暑地、軽井沢までもう少しだ。沓掛宿(くつかけしゅく)へ。

沓掛・軽井沢宿

沓掛宿は気づいたら通り抜けてしまっていた。離山交差点から左に曲がるとカラマツの並木が続き、軽井沢の別荘が点在している。

軽井沢ロータリー 駅舎旧軽井沢

しかし、軽井沢ロータリーからはクルマが多くなり、旧軽井沢駅舎前では中国人のツアー客でいっぱいだった。ここから先が軽井沢のショッピングストリート。軽井沢は、静かな別荘地のイメージだったが、人でごったがえす観光地だった。

旧軽井沢銀座1 旧軽井沢銀座2

旧軽井沢銀座のショッピングストリート。碓氷峠頂上行きの赤いボンネットバスが走る。道は碓氷峠に向け緩やかな登っている。(動画 – YouTube)

軽井沢観光会館 軽井沢マンホール2
軽井沢観光会館と色つきマンホール

つるや旅館 矢ケ崎川

ショッピング街を抜けた先につるや旅館。ここまで来るとひと気はなくなる。いよいよ中山道最大の難所、碓氷峠越え。

後編へ続く・・・

 - 中山道自転車の旅

           
Translate »